私たち、一般社団法人日本ガーデンセラピー協会は「ガーデンセラピー」を学術的なヘルスケア療法として体系化し、すべての人々が「健康寿命」を享受できる社会を実現します。

日本ガーデンセラピー協会について

 ▼ 私たちが推進する「ガーデンセラピー」 ▼ 当協会設立の趣意 ▼ 当協会の活動内容 ▼ 資格制度の導入と普及 ▼ 協会会員募集のご案内

■ 私達が推進する「ガーデンセラピー」

チャート

「ガーデンセラピー」とは、人の健康に対する庭の有効性を改めて確認し、庭とのさまざまな関わりの中で心身を整え、自己治癒力を高めながら健康な暮らしと健康寿命の増進を実現する“6つの療法”の総称です。
そして、私たち『一般社団法人 日本ガーデンセラピー協会』は、「ガーデンセラピー」を構成する6つの療法について産・官・学で協同し、研究・教育・啓蒙活動を行い、高齢化の時代において日頃から健康を考え、予防医学の観点から自己治癒力を高め、心身ともに豊かな住まい方、ライフスタイルをつくりあげていくことを目的としています。

ページトップに戻る

■ 当協会設立の趣意

ガーデンの語源は古代ヘブライ語で、ガル(囲む)+エデン(楽園)すなわち囲われたエデンだと言われています。
私達の先人は囲われた楽園で、身近にある自然を五感で受け止め、命を繋いで来ました。 時代が進み、文明が発展して近代化効率化が進んだ結果、物質的には恵まれた生活を送れるようになりましたが、一方で自然から切り離されたライフスタイルが引き起こす様々な疾病、認知症やうつ、癌をはじめとする生活習慣病は増加の一途をたどっており、現在の深刻な社会問題になっています。

そのような中で欧米諸国では、ガーデンの有効性に早くから着目、病院にガーデンを作り、患者さんに滞在してもらうことによりストレスを改善したり、回復を早めることに応用しています。 また、ドイツでは住宅にガーデンを作ることで補助金を市民に支払う制度も始まり、医療費の削減に貢献しています。
我が国においては、人と自然は対立するものではなく、元々一体化している、全ての自然に神が宿るという思想が根底にありました。そして、単に自然の一部を切り取った存在としてではなく、精神的、哲学的な意味もガーデン=日本庭園に付与してきた稀有な自然観でガーデンと向き合ってきた歴史があります。

もう一度ガーデンと人との関係を様々な角度から見直し、特に人の心身に与える影響を科学的医学的に検証、ガーデンの有効性を多くの人に伝えることを目的として日本ガーデンセラピー協会は設立されました。

ページトップに戻る

■ 当協会の活動内容

私たちは以下の4つの事業を柱に活動しています。
尚、下記の各種活動についての詳細内容や予告、レポートは、当ホームページで随時ご案内します。

イメージフォト

 1. 研究活動

・ガーデンセラピーの研究
・一般家庭や医療介護施設においてのガーデンセラピーの実証実験
・海外のガーデンセラピーの事例研究
・関連する団体との交流会や勉強会の実施

イメージフォト

 2. 各種セミナー/教室の開催

・個人/法人会員向けの各種セミナー・教室の開催 -寄せ植え教室、園芸教室など-
・個人/法人会員向けの森林浴やイングリッシュガーデンなどの見学ツアーの実施
・個人/法人会員向けの情報交換会

イメージフォト

 3. 情報の発信

・機関誌の発行(研究成果の報告など)
・専門展示会への出展

イメージフォト

 4. 資格認定制度

・ガーデンセラピー検定の実施 -ガーデンセラピーを通して心身の健康のために用いる知識-

ページトップに戻る

■ 資格制度の導入と普及

五感を刺激することで脳の活性化させ、身体全体の健康を維持する療法であるガーデンセラピーを理解し正しく実践するには、ガーデニングの基礎的なスキルはもちろん、医学的な知識も必要です。当協会では多くの人々がそうした知識やノウハウを無理なく学習するために、習得度合いを「級」として設定した検定プログラムを導入します。

尚、資格制度の詳細についての発表は近日中となっています。
当ホームページ他にてご案内させていただきますので、しばらくお待ち下さい。


チャート

ページトップに戻る

■ 協会会員募集のご案内

当協会では、ガーデンセラピーを学術的なヘルスケア療法として発展させていく事業にご賛同いただき、普及に向けともに行動し、様々な情報や知識を共有していく会員を募集しています。
会員制度や会員登録についての詳しい内容につきましては事務局までお問い合わせください。
なお、会員制度につきましては、下記に記載のように、法人様、個人様、その他各種団体様別に運営しております。


詳細ページへのリンク

ページトップに戻る